差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

次のリビジョン
前のリビジョン
announce:program_20121210 [2012/12/04]
admin 作成
announce:program_20121210 [2019/07/10] (現在)
ライン 26: ライン 26:
  ○清水 能理(八戸工大) ​  ○清水 能理(八戸工大) ​
  
-== セッション2(13:​00〜14:​20)座長:橋 良英(八戸工大) ==+== セッション2(13:​00〜14:​20)座長:橋 良英(八戸工大) ==
  
 [5] バックステッピング方式による電子スロットル制御の応答性改善 \\ [5] バックステッピング方式による電子スロットル制御の応答性改善 \\
ライン 44: ライン 44:
  ○工藤 佑介、小坂谷 壽一(八戸工大) \\  ○工藤 佑介、小坂谷 壽一(八戸工大) \\
 [11] 枝組み立て交叉(EAX)の並列処理実現方式の検討 \\ [11] 枝組み立て交叉(EAX)の並列処理実現方式の検討 \\
- ○元田 剛、橋 良英(八戸工大) ​+ ○元田 剛、橋 良英(八戸工大) ​
  
 ---- ----
announce/program_20121210.txt · 最終更新: 2019/07/10 (外部編集)