差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

announce:program_20151211 [2019/07/10] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +==== 平成27年度 情報処理学会東北支部研究会プログラム ====
 +
 +== 日時 ==
 +2015年12月11日(金)10:​10〜15:​50
 +
 +== 会場 ==
 +八戸工業大学 システム情報工学専門棟1階 I103講義室\\
 +〒031-8501 青森県八戸市大字妙字大開88-1\\
 +(アクセス http://​www.hi-tech.ac.jp/​0801outline/​0807outline )\\
 +主催:情報処理学会 東北支部\\
 +共催:八戸工業大学 工学部 システム情報工学科\\
 +(発表時間 20分:発表15分、質疑応答5分)
 +
 +----
 +== セッション1(10:​10〜11:​50)座長:清水 能理(八戸工業大学) ==
 +1-1 埋め込みとポアンカレセクションを用いた高次元化カオスデータの生成\\
 +    ○高橋 賢、清水 能理(八戸工業大学)\\
 +
 +1-2 相関積分に基づくカオス性の解析\\
 +    ○遠藤 圭、清水 能理(八戸工業大学)\\
 +
 +1-3 リアプノフスペクトラムを用いたカオス性の評価\\
 +    ○中野 孝平、清水 能理(八戸工業大学)\\
 +
 +1-4 ファジィモデリングに基づくカオス同期系の設計\\
 +    ○林 竜士、清水 能理(八戸工業大学)\\
 +
 +1-5 電子スロットルのバックステッピング適応制御\\
 +    ○林 大貴、栗原 伸夫(八戸工業大学)\\
 +
 +== セッション2(13:​00〜14:​20)座長:栗原 伸夫(八戸工業大学) ==
 +2-1 状態オブザーバを用いたカオス同期系の構築\\
 +    ○梅田 玲奈、清水 能理(八戸工業大学)\\
 +
 +2-2 スマート家電を題材としたプログラミング演習教材の開発\\
 +    ○泉谷亮太、小舘卓司、花田一磨(八戸工業大学)\\
 +
 +2-3 衛星画像による大規模災害被害状況の自動分類手法の検討\\
 +    ○清水 郁寿、福田 修平、佐々木 崇徳、藤田 成隆(八戸工業大学)\\
 +
 +2-4 衛星画像と地形および気象条件を用いた火山性ガスの発生・滞留状況解析手法の検討\\
 +    福田 修平、清水 郁寿、○佐々木 崇徳、藤田 成隆(八戸工業大学)\\
 +
 +== セッション3(14:​30〜15:​50)座長:清水 能理(八戸工業大学) ==
 +3-1 四元数の回転を用いた暗号学的ハッシュ関数アルゴリズムに関する研究\\
 +    ○泉谷 豪志、長瀬 智行(弘前大学)\\
 +
 +3-2 OFDMにおけるセキュリティに関する研究\\
 +    ○孫 欣、長瀬 智行(弘前大学)\\
 +
 +3-3 Linuxマイコンによる遠隔監視システムへの時系列な気圧データ取り込み法の基礎検討\\
 +    柴田 幸司、○成田 博貴、菊地 桐吾、花田 一磨(八戸工業大学)\\
 +
 +3-4 複数種のLCDを配置した半球ドーム型高臨場感ディスプレイシステムの構築手法\\
 +    ○神原 利彦、西田 大樹(八戸工業大学)\\
  
announce/program_20151211.txt · 最終更新: 2019/07/10 (外部編集)