差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

announce:program_20160219 [2019/07/10] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +==== 平成27年度 情報処理学会東北支部研究会プログラム(弘前大学) ====
 +
 +== 日時 ==
 +2016年2月19日(金)  9:​10~15:​50  
 +
 +== 会 場 ==
 +弘前大学理工学部第1号館5階10番講義室\\
 + 〒036-8561 青森県弘前市文京町3\\
 + アクセス→ http://​www.hirosaki-u.ac.jp/​wp_access.html
 +
 +(発表時間15分:発表12分、質疑応答3分)
 +
 +----
 +
 +
 +== セッションA1(9:​10-10:​10)座長:​ 成田 明子(弘前大学)==
 +A1-1. FMラジオ放送波による大規模地震予知の可能性\\
 +   ○吉岡 良雄(弘前大学名誉教授)\\
 +A1-2. 四元数回転行列を利用したOFDM通信に関する研究\\
 +   ○孫 欣、長瀬 智行(弘前大学)\\
 +A1-3. RNA二次構造自動作図のための重なり判定アルゴリズム\\
 +   ○小林 大祐、種田 晃人(弘前大学)\\
 +A1-4. 親水公園水質調査データのマッピングと視覚化\\
 +   ○大沢 凌平(青森大学)、角田均(青森大学)、小久保 温(日本大学大学院)、滝本 麻理奈、三上 一((元)青森環境管理事務所)\\
 +
 +== セッションA2(10:​20–11:​05)座長:​ 長瀬 智行(弘前大学) ==
 +A2-1. 画像を用いた風力計測に関する研究\\
 +   ○倉井 悠佑、小野口 一則(弘前大学)\\
 +A2-2.マルチコプター搭載RaspberryPiカメラによる水田リモートセンシング\\
 +   ○稲垣 啓太、丹波 澄雄(弘前大学)\\
 +A2-3. 人工ホットスポットを用いた夜間輝度温度画像の精密幾何補正\\
 +   ○春木 裕真、丹波 澄雄(弘前大学)\\
 +
 +== セッションA3(11:​15–12:​00)座長:​ 今井 雅(弘前大学) ==
 +A3-1. TSVベース3D-ICの垂直方向配線間結合容量の効率的な抽出方法\\
 +   ○小林 徹哉、新岡 七奈子、古見 薫、黒川 敦(弘前大学)\\
 +A3-2. 3次元積層チップの熱解析と温度上昇抑制方法\\
 +   ○古見 薫、新岡 七奈子、黒川 敦(弘前大学)\\
 +A3-3. 磁気共鳴方式給電におけるコイル径・巻き数・導線径・角度の影響\\
 +   ○盛 文人、古見 薫、新岡 七奈子、三浦 祐輝、黒川 敦(弘前大学)\\
 +
 +== セッションB1(13:​00–13:​45)座長:​ 一條 健司(弘前大学)==
 +B1-1. ディペンダブル・ネットワーク・オンチッププラットフォームの開発に関する研究\\
 +   ○佐藤 謙介、今井 雅(弘前大学)\\
 +B1-2. ラッチベース非同期式回路のテストに関する研究\\
 +   ○寺山 恭平、今井 雅(弘前大学)\\
 +B1-3. ディジタル変調による空間光通信を利用した案内装置の開発\\
 +   ○田代 昂己、岡本 浩(弘前大学)\\
 +
 +== セッションB2(13:​55–14:​40)座長:​ 種田 晃人(弘前大学) ==
 +B2-1. 超好熱菌RNaseHIIの熱安定性と変性状態に関する研究\\
 +   ○中村 裕、岡崎 功、故斎藤 稔(弘前大学)\\
 +B2-2. 蛋白質内の空隙の動的構造に関する研究\\
 +   ○本間 祐司、岡崎 功、故斎藤 稔(弘前大学)\\
 +B2-3. 蛋白質の構造変化計算ソフトウェアCALRMSDの改良と応用\\
 +   ○三浦 直紀、岡崎 功、故斎藤 稔(弘前大学)\\
 +
 +== セッションB3(14:​50–15:​50)座長:​ 水田 智史(弘前大学)==
 +B3-1. 状態オブザーバを用いたカオス同期系の応用\\
 +   ○梅田 玲奈、清水 能理(八戸工業大学)\\
 +B3-2. 符号頂点作用素代数の非自明な共形元\\
 +   ○島 武史(弘前大学)\\
 +B3-3. 通信順序に対応付けたオーダリングによるSSOR前処理付きCG法の並列化\\
 +   ○水野 正規、中村 真輔、廣田 千明(秋田県立大学)\\
 +B3-4. テーブルを持つ施設に対するリベニューマネジメントについて\\
 +   ○小笠原 悠(弘前大学)\\
 +
 +----
 +
 +なお,研究会終了後の懇親会は予定しておりませんので,予めご了承下さい.
  
announce/program_20160219.txt · 最終更新: 2019/07/10 (外部編集)