差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

announce:talk_20160125 [2019/07/10] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +==== 第374回 情報処理学会東北支部研究講演会(岩手県立大学) ====
  
 +== 日時 ==
 +2016年1月25日(月)16:​00〜17:​30
 +
 +== 場所 ==
 +岩手県立大学アイーナキャンパス(JR盛岡駅より徒歩4分) 学習室4
 +
 +== 講師 ==
 +鈴木 克明 氏\\
 + (熊本大学大学院社会文化科学研究科 教授システム学専攻長・教授)
 +
 +== 演題 ==
 +「大学院におけるeラーニング,​理論と実践」
 +
 +== 概要 ==
 + 大学院教育においてもeラーニングの活用が進んでいる.eラーニングは\\
 +情報技術という側面だけでなく,教育方法論の側面も重要となる.それら\\
 +はいずれも新しい研究成果・学問的基礎に基づき設計されるべきである.\\
 +しかしながら,情報処理分野のeラーニングでは必ずしも教育方法論の側面\\
 +を基礎にしていないものがあり,それゆえの失敗例も散見される.本講演\\
 +では,教育の効果・効率・魅力を高めるための方法論を扱う研究分野である\\
 +インストラクショナルデザインを専門とする講師を迎え,熊本大学大学院\\
 +社会文化科学研究科教授システム学専攻におけるeラーニングの実践をもとに,\\
 +最新のeラーニングについての講演行う.近年の大学院改革やグローバル化\\
 +対応において,教育実践研究的な手法を取り入れることについて議論する.
 +
 +== その他必要事項 ==
 +ご参加の際には問合せ先までメールにてお申し込みください
 +
 +== 問合せ先 ==
 + 市川 尚(岩手県立大学ソフトウェア情報学部)\\
 + Tel: 019-694-2652 E-mail: {{announce:​mail_20160125.png?​nolink&​220}}
announce/talk_20160125.txt · 最終更新: 2019/07/10 (外部編集)