差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

announce:talk_20161130 [2016/11/07]
admin
announce:talk_20161130 [2019/07/10]
ライン 1: ライン 1:
-==== 第376回 情報処理学会東北支部研究講演会(弘前大学) ==== 
  
-== 日時 == 
-2016年11月30日(水)14:​30〜15:​30 
- 
-== 場所 == 
-弘前大学 理工学部1号館 第10番講義室 
- 
-== 講師 == 
-中村 維男 氏\\ 
-(慶應義塾大学)(東北大名誉教授) 
- 
-== 演題 == 
-「ある新奇なメモリは計算機科学を変えるであろう」 
- 
-== 概要 == 
- 今日の有り触れたDRAMやSRAMのようなメモリは、それらのアクセス速\\ 
-度において限界に近付いている。そのため、IoTからスーパーコンピュータに亘\\ 
-るコンピュータにおいて、もっとも有害なる要因は、処理速度を低下させるメモ\\ 
-リボトルネックである。ここでは、現存のメモリの1000倍以上のアクセス速\\ 
-度を有するマーチングメモリMMについてその原理を紹介する。併せて、そのメモ\\ 
-リ搭載によるコンピュータによる非常識な用途応用例を述べる。 
- 
-== 問合せ先 == 
-長瀬 智行(弘前大学理工学部電子報工学科)\\ 
-Tel:0172-39-3632 E-mail: {{:​announce:​20161130_1.png?​200|}} 
announce/talk_20161130.txt · 最終更新: 2019/07/10 (外部編集)