差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
announce:seminar_20180120_program [2018/01/16]
admin
announce:seminar_20180120_program [2019/07/10] (現在)
ライン 11: ライン 11:
  
  
-== セッション1 (10:​20-12:​00) ==+== セッション1 (10:​20-12:​00)座長:菅原 研(東北学院大) ==
 [1-1] 簡易にプロジェクションマッピングを行えるシステムの開発\\ [1-1] 簡易にプロジェクションマッピングを行えるシステムの開発\\
    ○重原 悠也, 坂本 泰伸 (東北学院大)\\    ○重原 悠也, 坂本 泰伸 (東北学院大)\\
ライン 23: ライン 23:
    ○佐藤 佑樹, 武田 敦志 (東北学院大)\\    ○佐藤 佑樹, 武田 敦志 (東北学院大)\\
  
-== セッション2 (13:​00-14:​40) ==+== セッション2 (13:​00-14:​40)座長:伊藤 則之(東北学院大) ==
 [2-1] 分散秘匿計算による高度な安心・安全を確保する情報管理基盤の提案\\ [2-1] 分散秘匿計算による高度な安心・安全を確保する情報管理基盤の提案\\
    ○樋地 正浩 (東北大, 日立ソリューションズ東日本),​ 橋 祐一 (日立ソリューションズ東日本),​ 菊池 一彦 (仙台応用情報学研究振興財団,​ 日立ソリューションズ東日本),​ 藤田 茂 (千葉工大),​ 宮西 洋太郎 (アイエスイーエム),白鳥 則郎 (仙台応用情報学研究振興財団,​ 中央大)\\    ○樋地 正浩 (東北大, 日立ソリューションズ東日本),​ 橋 祐一 (日立ソリューションズ東日本),​ 菊池 一彦 (仙台応用情報学研究振興財団,​ 日立ソリューションズ東日本),​ 藤田 茂 (千葉工大),​ 宮西 洋太郎 (アイエスイーエム),白鳥 則郎 (仙台応用情報学研究振興財団,​ 中央大)\\
ライン 35: ライン 35:
    ○武田 敦志 (東北学院大)\\    ○武田 敦志 (東北学院大)\\
  
-== セッション3 (14:​50-16:​10) ==+== セッション3 (14:​50-16:​10)座長:杉浦 茂樹(東北学院大) ==
 [3-1] 探索者の意図を体現するSpringboardに注目した有望ページ抽出手法の提案\\ [3-1] 探索者の意図を体現するSpringboardに注目した有望ページ抽出手法の提案\\
    〇川和 耀太 (福島大),​ 中山 祐貴 (早大), 大沼 亮, 神長 裕明 (福島大),​ 宮寺 庸造 (東京学芸大),​ 中村 勝一 (福島大)\\    〇川和 耀太 (福島大),​ 中山 祐貴 (早大), 大沼 亮, 神長 裕明 (福島大),​ 宮寺 庸造 (東京学芸大),​ 中村 勝一 (福島大)\\
announce/seminar_20180120_program.txt · 最終更新: 2019/07/10 (外部編集)