差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

announce:talk_20171206 [2019/07/10] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +==== 第382回 情報処理学会東北支部研究講演会(弘前大学) ====
  
 +== 日時 ==
 +2017年12月6日(木)14:​20〜15:​50
 +
 +== 場所 ==
 +弘前大学 理工学部1号館 第10番講義室
 +
 +== 主催 ==
 +情報処理学会 東北支部
 +
 +== 共催 ==
 +弘前大学 理工学部 電子情報工学科
 +
 +== 講師 ==
 +湯浅 哲也 先生\\
 +(山形大学 教授)
 +
 +== 演題 ==
 +「新しい原理に基づくX線CT:乳がんの早期診断を目指して」
 +
 +== 概要 ==
 + 現在の医療においてX線CTは不可欠な診断ツールである。しかし、X線は低\\
 +原子番号からなる物質に対してはほとんど透過してしまうため、生体軟組織はほ\\
 +とんどコントラストを生じない。一方、乳癌の早期発見には軟組織の描出が欠か\\
 +せない。ここでは、軟組織を描出するためのX線の屈折現象に基づくCT技術を紹\\
 +介する。装置の概要と得られたデータから画像を生成するためのデータ処理法に\\
 +ついて述べる。
 +
 +== 問合せ先 ==
 +長瀬 智行(弘前大学理工学部電子報工学科)\\
 +Tel:0172-39-3632 E-mail: {{:​announce:​20161130_1.png?​200|}}
announce/talk_20171206.txt · 最終更新: 2019/07/10 (外部編集)