第370回 情報処理学会東北支部研究講演会開催報告

日時

2015年2月19日(木)15:00~16:30

場所

岩手県立大学ソフトウェア情報学部A棟201講義室
後援:岩手県情報サービス産業協会,東北地域情報サービス産業懇談会

講師

同志社女子大学 加藤 敦 氏(経営学)
  (地域ソフトウェア会社のグローカル経営の研究に従事)

演題

「地域における固有性を考慮したICTサービス起業促進策にむけて
  :ICT技術者の起業態度に関する調査結果を踏まえて」

講演報告

ICT技術者の起業態度に関する調査結果を踏まえ、ソフトウェア産業の
地域固有性を考慮した起業促進策について考察結果が示され、産学官
それぞれの施策や有効な連携の可能性について検討するための話題提供が
なされた。参加者には、地域における大学のあり方を検討しているものの
他にも、自治体から2名の参加者があり、1時間の講演終了後、非常に活発な
意見交換が行われた。通常の講演会の枠に留まらず、ICTサービス起業や
雇用創出に関わる実質的な討論の場として機能し、非常に有益な機会となった。

参加者

11名

報告者

後藤裕介(岩手県立大学 ソフトウェア情報学部)

report/talk_20150219.txt · 最終更新: 2019/07/10 (外部編集)